高性能住宅のひみつ

高性能住宅のひみつ

窓ガラスの御神渡り ?

今年は、連日の寒気影響で日本海側では大雪で太平洋側では気温がグンと低くなっていますが、こんな現象が・・・・。

「何も触れていない、窓ガラスが突然このように割れてしまった!!」

8年ほど、前に新築したお宅ですがこんなご連絡が入りました。

数年に一度ぐらい、このようなご連絡を頂くことがあります。こらは、熱(気温や日射)変化が急激に生じた場合や窓に部分的に日陰ができ極端に表面の温度差が出来た場合などに起こることのある現象です。もちろん、別の原因で小さな傷などで起こることもあります。1例としては、鳥が、ガラスの反射に反応して突っ込んだ例も多く御座います。

ガラスは、非常に硬い材料ですが目には見えないような小さな温度差による伸縮があります。

その伸縮が、ガラス全体で吸収しきれなくなり、稀に割れてしまうことがあるのです。

夏でも日射変化や冬では温度差で起こってしまうのですが・・・。

 

湖などで起こる「御神渡り」のような現象です。湖では、神様が通った跡などとも言われますが・・

お客様にとっては、痛い出費となってしまいます。

寒暖の差が激しい、真冬や真夏に窓のガラス面が一部陰になったりガラスにステッカーなどを貼ったりしないようご注意いただくのも予防策かと思います。

寒い日が、続いておりますが・・ちょっと暖かいお話!

寒い日が続いておりますが、今朝の帯広は-22度以下だったようですね~!

 

先週に続き!2012年1月28日(土)・29日(日)当社で施工したSHS工法の完成現場公開を行いますが、                        

先日、この住宅の気密測定を行いました!

結果は、相当隙間面積(C値)=0.1cm2/m2と言うすばらしい結果でした!!

C値とは、住宅の床面積1m2当たりの隙間(簡単に言うと穴!)を指します。

つまり、この住宅1m2の床に0.1cm2しか隙間がないことになります。

どんなに凄いか!と言うと、北海道で推奨されている北方型住宅の基準が、

2.0cm2/m2以下ですから、なんと1/20 の隙間と言うことになります。

しかもこの住宅は、2世帯住宅で一般的に気密はおとるのですが・・・。

 

 

その秘密を、現在建築中の外断熱のSHS工法のお宅で、ちょっとだけご紹介いたします。

構造体つまり、壁の中に断熱材を入れないため柱や壁の外側に気密シートを施工し断熱するため 、気密シートを連続的に隙間無く施工できるため、気密が保たれるのです。

 こんな感じです!!

まるで、温室のビニールハウスのようですがこれが暖かさの秘密!です~。

ちょっと、待って!窒息しないのと~。と言う方はご安心ください。有害物質や汚れた空気は、24時間換気で熱交換によりいつも新鮮な空気を建物に取り入れ排気の熱も回収するシステムを採用しています。

細かい、施工方法には色々な秘密がありますが・・後日ご紹介させていただきます。

 

まずは一度、完成現場公開で暖かい家のご体験ください!! 

お近くの方は、是非ご来場ください。。

                           ぬるぬるツッチーでした!

完成現場公開 

日 程:2012年1月28日(土)・29日(日)

時 間:AM10:00~PM5:00

住 所:帯広市西17条南5丁目11番8

「高性能住宅のひみつ」を始めました。

こんにちは、土田隆司です。

 

この度、「高性能住宅のひみつ」と題し、

土田工務店が得意とする「高気密」「高断熱」な高性能住宅のこだわりをご紹介します。

 

また、このブログにはコメント欄も設けていますので、

・家を建てようと思っている方

・実際もう家を建てている方

お気軽にご相談下さい。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

高性能住宅の秘密

長期優良住宅について

SHS外断熱建築工法とは

ZEH住宅

土田工務店へのお問い合わせ

[電話でのお問い合わせ]
0155-49-3522

[建築対応エリア]
土田工務店は、北海道十勝(帯広市・音更町・芽室町・幕別町・池田町・浦幌町・豊頃町・広尾町・大樹町・清水町・新得町・鹿追町・足寄町・陸別町・士幌町・上士幌町・本別町・更別村・中札内村)および十勝近郊の市町村で、新築住宅・注文住宅の建築を承っております。
お気軽にご連絡下さい。

北海道SHS会ホームページ

LIXIL ウェブサイトへ

北方型住宅

きた住まいるランド